淋病の性病検査キットの費用

家で淋病やクラミジアの検査するタイミング時期はいつから?潜伏期間や性病検査キットの費用

家で淋病やクラミジアの感染を誰にも知られずに調べられる性病検査キットについてまとめています。潜伏期間や検査するタイミング時期はいつからなのか?費用はどれくらい掛かるのかなどを悩んでいる人は参考にしてください。

家で調べられる淋病の性病検査キット

陰部の検査のことを考える女性
性病と聞くといろんな名前が浮かぶかもしれませんが、厚生労働省が出している『性感染症報告数』の中で日本で感染者数が多い性病が淋病やクラミジア、ヘルペスです。

感染者数が1番多いのはクラミジアで淋病は2番目に感染者数が多い性病です。どちらの性感染症も性器だけでなく、口からも伝染ってしまう特徴があります。

このページでは淋病に感染の不安がある人向けに家で調べることができる性病検査キットについて費用や使用する時の流れについてまとめています。

●淋病の検査費用はどのぐらい?

千円札
淋病の感染を病院の自由診療で検査をする場合と、家で性病検査キットで調べる場合で費用に大きな差があります。

性病検査の場合、保険が適用されない自由診療としている病院も多く、費用が高額になってしまうことがあります。

Googleで『淋病 検査』で検索結果に出てくる淋病の検査費用を見ると陰部の検査だけで8,000円以上の病院も多いです。

●『淋病 検査』で検索した病院の費用

1万円札と千円札
Googleで『淋病 検査』と検索した場合、1ページ目に表示される病院の淋病の検査がどのくらいの費用で受けられるかをまとめています。

・A病院(自由診療)
淋病検査 8,000円:性器の淋病検査
咽頭淋病検査 8,000円:喉の淋病検査
・Y病院(自由診療)
淋病検査 8,000円:性器の淋病検査
咽頭淋病検査 8,000円:喉の淋病検査
・S病院(自由診療)
淋病検査 9,000円:性器の淋病検査

●自由診療だと陰部と喉で10,000円以上

お金が無くて泣いている女性
保険が適用されない自由診療で淋病の性病検査を受けると陰部と喉で10,000円以上超えてしまう病院もあるので注意してください。

淋病だけでなくクラミジアやヘルペスなど、他の病気の検査も受ける場合は数万円以上の検査費用になってしまいます。

保険が適用されるかどうかは正直なところ病院によって異なるので、検査費用を抑えたい場合は性病検査キットがおすすめです。

●性病検査キットを販売の衛生検査所

笑顔の女性
衛生検査所のことを管理しているのは都道府県などで登録するためには都道府県に申請をする必要があります。

この申請は審査基準があり、ここで条件を満たす必要があります。条件が達成されていないと衛生検査所として登録することができません。

性病検査キットを販売している衛生検査所は都道府県への登録と審査が通っていて管理されているので安心できます。

●国家資格を持つ臨床検査技師が検査

丸の札を掲げた女性
衛生検査所で検査をしているのは国家資格を持つ臨床検査技師で、受験資格を得るために大学などで検査に必要な知識及び技能を修得している必要があります。

受験資格を得るだけでも数年は掛かる上に試験に合格する必要があるので、臨床検査技師になるには結構な時間と労力が掛かります。

性病検査キットで採取された血液や粘液、分泌物を衛生検査所にいる国家資格を持った臨床検査技師がしっかり検査するので信頼感があります。

●過去10年間の淋病の平均感染者数

陰部のことで悩む女性
厚生労働省が出している『性感染症報告数』でどれくらいの人が淋病やクラミジアに感染したか人数が調査されています。

1番多い性器クラミジア感染症の過去10年間の平均感染者数が25,521人、淋病になる淋菌感染症の平均感染者数が9,372人です。

異性と性行為をした後に陰部や喉の痛みやかゆみ、違和感など、性病に感染したかもと感じた時は淋病とクラミジアの検査をおすすめします。

●淋病の検査には陰部と喉は別々

喉に違和感を感じる女性
淋病の検査をする時のポイントとして陰部と喉の検査は別々に行う必要があります。1度に検査することができず、検査方法もそれぞれ違います。

陰部に感染していなくても喉に感染している場合もあるため、性病の感染が疑われる相手との性行為をした場合は両方の検査を受けるのがおすすめです。

陰部の検査方法ですが、男性の場合は尿検査、女性の場合は綿棒による腟分泌物の検査になります。喉の場合は男女共通で綿棒で粘膜を採取して検査をします。

ふじメディカル


ふじメディカルは淋病の性病検査キットの費用が安い、神奈川県横浜市に1999年に設立された10年以上の運営実績のある衛生検査所です。

淋病の性病検査キットが性器用と喉用どちらも3,300円で、他の衛生検査所と比較しても費用が安い特徴があります。

性病検査キットは注文してから最短2日で届くこと、自社ラボで検査ができるので結果が出るまでが早いのでおすすめです。

  • ●淋病の性病検査キットの費用が安い
  • ●神奈川県横浜市に登録の衛生検査所
  • ●1999年設立で10年以上の運営実績
  • ●自社ラボで検査ができるので早い
  • ●匿名検査でプライバシー的にも安心
  • ●希望する人には提携医院の紹介あり
  • ●検査キットは注文してから最短2日

公式サイトを見てみる↓
ふじメディカル

GME医学検査研究所


GME医学検査研究所は365日自社検査室で検査を実施している衛生検査所で、全国に400以上の提携医療機関があります。

17時までの注文は即日発送してくれること、送料や代引き手数料が無料で表示価格に必要な費用が全て入っているのでお得です。

検査結果はネット上で確認することが可能で、万が一感染していた場合には提携医療期間でスムーズに治療を開始できます。

  • ●365日自社検査室で検査を実施
  • ●全国に400以上の提携医療機関
  • ●17時までの注文は即日発送可能
  • ●送料や代引き手数料が無料でお得
  • ●表示価格に必要な費用が全て込み
  • ●検査結果はネット上で確認が可能
  • ●感染時は提携医療機関で治療できる

公式サイトを見てみる↓
【GME医学検査研究所】

さくら検査研究所


さくら検査研究所では郵便局留めを利用することで自宅以外で性病検査キットを受け取ることができ、家族や恋人に内緒で検査をすることができます。

料金に全ての費用が含まれていて検査キットの返送費用が掛からないこと、個人情報の保護を徹底するプライバシーマークを取得しているので安心できます。

検査結果はEメールと郵送で受け取れること、WEB上で感染しているか検査結果の確認もできて感染時には提携の医療機関を紹介してくれるのでおすすめです。

  • ●郵便局留めで自宅以外でも検査可能
  • ●家族や恋人に内緒で検査ができる
  • ●個人情報保護のプライバシーマーク取得
  • ●検査キットの返送費用が掛からない
  • ●感染時は全国の提携医療機関を紹介
  • ●検査結果をEメールと郵送で受け取れる
  • ●WEB上で検査結果の確認もできて便利

公式サイトを見てみる↓
さくら検査研究所

カテゴリー